有害事象報告詳細

VAERS ID 934937
性別 女性
年齢 64歳
州コード NM
製薬会社 ファイザー
ロット番号 EKS730
ワクチン摂取回数 1
接種日 2020-12-18
発生日 2020-12-18
状態 後遺症
症状
  • 四肢の痛み(Pain in extremity)
  • 頭痛(Headache)
  • 寒気(Chills)
  • 吐き気(Nausea)
  • 肌が温かい(Skin warm)
  • 嘔吐(Retching)

罹患中の病気

持病

コメント:エンコードされていない患者関連履歴のリスト:患者その他の関連履歴1:なし

その他医療

以前のワクチン摂取

アレルギー

臨床検査

テスト名:温度; 結果非構造化データ:テスト結果:不明な結果

症状詳細

発破頭痛; 一晩中悪寒; 一晩中ドライヒービング; 吐き気; 熱はありませんでしたが、彼女の肌は熱く感じました。
左腕の痛み; これは、連絡可能な看護師からの自発的な報告です。
この64歳の女性患者は、2020年12月18日に左上腕(ロット:EKS730)に単回投与で筋肉内BNT162B2(PFIZER-BIONTECH COVID-19 MRNA VACCINE)を、2021年1月5日14:30に不特定の投与経路で投与し始めました。
COVID-19免疫化のための単回投与(ロット:EL1284またはEKI284)。
病歴と併用薬はありませんでした。
患者は、2020年12月18日の左腕の痛みを除いて、最初のショットでは何もありませんでした。
彼女は、彼女が左側に横たわるとそれは痛いと述べた。
患者は、ワクチンを接種した両方の時間に左腕が痛んでいました。
彼女は2021年1月5日の2時に2回目のワクチン接種を受けました。
午後30時、激しい頭痛があり、2021年1月5日に約1時間前に悪寒が治まりました。
彼女は熱を持っていませんでしたが、彼女の肌は05Jan2021に熱く感じました。
彼女は、2021年1月5日にドライヒーブがあったと述べた。
患者はワクチン接種後数時間以内に発疹性頭痛を発症し始め、就寝するまでに徐々に悪化した。
悪寒と乾いたうねりがその時そして一晩中始まったと述べた。
彼女が起きる1時間前に悪寒が止まった。
彼女は体温をチェックしに行ったが、悪寒があり、皮膚が熱くなっているにもかかわらず、熱がなかったと述べた。
吐き気は2021年1月5日の夜10時頃に始まったと述べた。
吐き気は医学的に重要であり、他のイベントは深刻ではなかったため、頭痛、悪寒、およびドライヒーブの発破に対する深刻さは無効になりました。
患者は頭痛のためにイブプロフェンを服用しました。
彼女は何かを飲もうとしていると述べた。
左腕の痛みの結果は回復しませんでした。
2021年1月6日に悪寒が回復した。
他のイベントの結果は回復していました。
発破性頭痛、悪寒、ドライヒーブ、吐き気、および皮膚が熱く感じられる原因は関連していた(評価の出典:一次資料レポーター、評価の方法:バッチ番号に関する機関情報が要求された。
;送信者のコメント:入手可能な情報に基づく、対象製品であるBNT162B2ワクチンの寄与の可能性のある役割は、頭痛、悪寒、ドライヒーブ、およびその他の報告されたイベントについて、時間的関係のために除外することはできません。
このレポートで提供される情報は限られています。
ケースをより適切に評価するには、追加情報が必要です。
、完全な病歴、診断を含む、対抗治療措置と併用薬。
このケースは、追加情報が利用可能になり次第、再評価されます。
ファイザー製品のベネフィット/リスクプロファイルに対するこのレポートの影響は、有害事象の集計データのレビューと分析を含む、安全性評価のためのファイザー手順の一部として評価されます。
このレビューの一部として特定された安全上の懸念、およびそれに対応する適切な措置は、必要に応じて、規制当局、倫理委員会、および調査員に迅速に通知されます。