有害事象報告詳細

VAERS ID 934922
性別 男性
年齢 39歳
州コード TX
製薬会社 ファイザー
ロット番号 EK5730
ワクチン摂取回数 1
接種日 2020-12-16
発生日 2020-12-21
状態 入院 後遺症
症状
  • 知覚異常(Paraesthesia)
  • インフルエンザ様疾患(Influenza like illness)
  • SARS-CoV-2テスト陰性(SARS-CoV-2 test negative)
  • 筋力低下(Muscular weakness)
  • 神経学的症状(Neurological symptom)
  • 腓骨神経麻痺(Peroneal nerve palsy)

罹患中の病気

持病

病歴/併発疾患:糖尿病; 多血管炎を伴う好酸球性肉芽腫症; 高血圧; 片頭痛

その他医療

以前のワクチン摂取

アレルギー

臨床検査

テスト日:20201219; テスト名:鼻腔スワブ; テスト結果:ネガティブ

症状詳細

4日目から始まる神経学的症状が続きます。
両方の上肢の麻痺; 4つの四肢すべての筋力低下への進行/現在、著しい筋力低下があり、左手の筋力低下は物体の落下と左足の落下につながります。
4つの四肢すべての筋力低下への進行/現在、著しい筋力低下があり、左手の筋力低下は物体の落下と左足の落下につながります。
最初の3日間はインフルエンザのような症状。
これは、連絡可能な医師(患者)からの自発的な報告です。
39歳の男性患者は、2020年12月16日にcovid-19の単回投与で、不特定の投与経路を介して、左腕にbnt162b2(PFIZER-BIONTECH COVID-19 VACCINE、注射用溶液、ロット番号:ek5730)の初回投与を受けました。
免疫。
病歴には、高血圧、糖尿病、片頭痛、多発性血管炎(EGPA)寛解を伴う好酸球性肉芽腫症。
ワクチン接種の前に、患者はCOVID-19と診断されていませんでした。
患者は、薬、食品、または他の製品に対するアレルギーを持っていませんでした。
患者の併用薬は報告されていません。
2020年12月21日、患者は最初の3日間インフルエンザのような症状を経験しました。
4日目から始まる神経学的症状に続いて、4つの四肢すべての筋力低下への進行を伴う両方の上肢の知覚異常。
2回のER訪問と入院につながる。
内科、神経学、リウマチ学による評価。
現在、著しい筋力低下があり、左手の衰弱は物体の落下と左足の落下につながります。
イベントは、医師または他の医療専門家のオフィス/クリニックの訪問、緊急治療室/部門または緊急治療、入院、障害または恒久的な損傷。
イベントの治療には、高用量ステロイドが含まれていました。
Covidテストには鼻腔スワブが含まれていました:2020年12月19日に陰性。
イベントの結果は回復しませんでした。
送信者のコメント:時間的関連性に基づいて、bnt162b2とインフルエンザのような病気、神経学的症状、知覚異常、筋力低下、腓骨神経麻痺などのイベントとの因果関係を排除することはできません。
このレポートで利用できる情報は限られています。
このケースは、追加情報が利用可能になり次第、再評価されます。
ファイザー製品のベネフィット/リスクプロファイルに対するこのレポートの影響は、有害事象の集計データのレビューと分析を含む、安全性評価のためのファイザー手順の一部として評価されます。
このレビューの一部として特定された安全上の懸念、およびそれに対応する適切な措置、