有害事象報告詳細

VAERS ID 926473
性別 女性
年齢 30歳
州コード SD
製薬会社 ファイザー
ロット番号 EK9231
ワクチン摂取回数 1
接種日 2020-12-22
発生日 2020-12-22
状態 後遺症
症状
  • 関節痛(Arthralgia)
  • 痛み(Pain)
  • 注射直後の反応(Immediate post-injection reaction)
  • 筋力低下(Muscular weakness)
  • 筋骨格系の不快感(Musculoskeletal discomfort)
  • 関節可動域減少(Joint range of motion decreased)
  • 炎症(Inflammation)
  • X線肢(X-ray limb)
  • 磁気共鳴画像ジョイント(Magnetic resonance imaging joint)

罹患中の病気

持病

1型糖尿病POTS片頭痛

その他医療

Novolog、Trokendi、Metoprolol、ビオチン、ビタミンD、ビタミンC、カリウム

以前のワクチン摂取

アレルギー

モルヒネトマト

臨床検査

X線2020年12月31日(整形外科プロバイダー推奨)MRI 2020年12月31日(整形外科プロバイダー推奨)今後の外科的診察d / tこの進行中の問題

症状詳細

ワクチンが投与されたとき、私の腕には高いようでした。
すぐに痛みと肩の不快感がありましたが、これは正常であると言われました。
それは進行し続け、最終的にはROM、脱力感、肩の鋭い射撃痛が減少しました。
OIで働いて、私はプロバイダーに相談しました、X線が得られて、私は評価されました。
彼は、MRIも取得することを強く提案しました。
それは2020年12月31日の私の評価と同じ日(ワクチン投与の1週間後と2日後)に完了しました。
プロバイダーは、ワクチンのd / t投与部位とワクチンを肩甲骨下腔に入れた後、肩の凍結について評価された同様の状況の患者がいることを私に知らせました。
彼は、私の試験で、これが私のケース/状況であったと報告しています、私もこれでひどい炎症を起こしました-彼は今私の肩を修復するための外科的診察のために私にフォローアップをさせています。
今日の日付は2021年1月7日です。
私は、重症度を低下させることなく、投与の日から続いているこれらの同じ継続的な症状を持っています。
彼は、来週の2021年1月12日、COVIDワクチンの2回目の接種を行うことができません。
彼は私の2番目のワクチンを他の場所で投与することを強く提案します-これらの症状をフレアさせるために同じ肩にまたは反対に投与しないことをお勧めします。
彼は、可能であればそれ以上の問題を回避するために、可能であれば臀筋でアドバイスしました。
彼は、来週の2021年1月12日、COVIDワクチンの2回目の接種を行うことができません。
彼は私の2番目のワクチンを他の場所で投与することを強く提案します-これらの症状をフレアさせるために同じ肩にまたは反対に投与しないことをお勧めします。
彼は、可能であればそれ以上の問題を回避するために、可能であれば臀筋でアドバイスしました。
彼は、来週の2021年1月12日、COVIDワクチンの2回目の接種を行うことができません。
彼は私の2番目のワクチンを他の場所で投与することを強く提案します-これらの症状をフレアさせるために同じ肩にまたは反対に投与しないことをお勧めします。
彼は、可能であればそれ以上の問題を回避するために、可能であれば臀筋でアドバイスしました。