有害事象報告詳細

VAERS ID 925745
性別 女性
年齢 34歳
州コード NY
製薬会社 ファイザー
ロット番号 EH9899
ワクチン摂取回数
接種日 2020-12-21
発生日 2020-12-29
状態 後遺症
症状
  • 感覚鈍麻(Hypoaesthesia)
  • 作業能力低下(Impaired work ability)
  • 筋力低下(Muscular weakness)
  • 細かい運動技能の機能不全(Fine motor skill dysfunction)
  • コンピューター断層撮影ネック(Computerised tomogram neck)
  • 握力が低下(Grip strength decreased)
  • 腕神経叢損傷(Brachial plexus injury)

罹患中の病気

避妊

持病

その他医療

以前のワクチン摂取

アレルギー

臨床検査

テスト名:首のCTスキャン。
結果非構造化データ:テスト結果:正常でした

症状詳細

左腕のしびれと脱力感; 左腕のしびれと脱力感; 上腕神経叢の病理を持っていた; 彼女のグリップと細かい運動は彼女の左腕に影響を与えています/彼女は仕事をすることができませんでした。
これは、連絡可能な医師(患者)からの自発的な報告です。
35歳の女性患者は、2020年12月21日にCovid-19免疫化のために、右腕に不特定の投与経路でBNT162B2(PFIZER-BIONTECH COVID-19 VACCINE、ロット番号EH9899)を単回投与されました。
病歴には、継続的な避妊が含まれていました。
他の病歴はありません。
併用薬には、彼女が避妊のために服用した他の薬が含まれていました。
2020年12月29日、患者は左腕のしびれと脱力感を経験し、腕神経叢の病状を示し、2020年12月30日に救急科に行き、施設の医師の1人に診察を受け、この医師は治療のためにステロイドを服用していると述べました。
彼女は右腕にワクチンを接種し、左腕のグリップと細かい運動に影響があると述べました。
彼女は自分の仕事をすることができなかったので、これは無効になっていたと述べています。
彼女は月曜日(詳細不明)に神経学のフォローアップを行っていました。
彼女は首のCTスキャンを受けており、それは正常でした。
彼女が服用していた他の薬だけが避妊のためでしたが、彼女はそれが適切であるとは感じませんでした。
左腕のしびれと脱力のイベントの結果は回復していましたが、他のイベントの結果は不明でした。
このケースは深刻であると報告され、深刻さの基準は無効にされていました。
送信者のコメント:現在提供されている情報に基づくと、BNT162B2のワクチン接種は、報告されたイベントの開始をトリガーする上で貢献的な役割を果たす可能性があります。
ファイザー製品のベネフィット/リスクプロファイルに対するこのレポートの影響は、有害事象の集計データのレビューと分析を含む、安全性評価のためのファイザー手順の一部として評価されます。
このレビューの一部として特定された安全上の懸念、およびそれに対応する適切な措置は、必要に応じて、規制当局、倫理委員会、および調査員に迅速に通知されます。