有害事象報告詳細

VAERS ID 920958
性別 女性
年齢 51歳
州コード CA
製薬会社 ファイザー
ロット番号 EH9899
ワクチン摂取回数 1
接種日 2020-12-21
発生日 2020-12-21
状態 後遺症
症状
  • 四肢の痛み(Pain in extremity)
  • かゆみ(Pruritus)
  • 転倒(Fall)
  • SARS-CoV-2テスト陰性(SARS-CoV-2 test negative)
  • 神経学的症状(Neurological symptom)
  • 筋骨格系障害(Musculoskeletal disorder)

罹患中の病気

持病

コメント:エンコードされていない患者関連履歴のリスト:患者その他の関連履歴1:なし

その他医療

以前のワクチン摂取

アレルギー

臨床検査

テスト日:202012; テスト名:COVID; テスト結果:ネガティブ

症状詳細

彼女は脳卒中を起こしたように感じました。
倒れた; 足の痛み; 彼女の頭のかゆみ; 左脚が正常に機能していません。
これは、連絡可能な看護師からの自発的な報告です(自分で報告します)。
51歳の女性患者は、2020年12月21日の10:00(年齢COVID-19免疫化のための単回投与として51歳の)。
病歴はありませんでした。
併用薬はありませんでした。
疑わしいワクチンの最初の投与前の4週間以内に事前の予防接種はありませんでした。
2020年12月21日、患者は左脚が正常に機能しないことを経験しました。
これは、障害の重症度基準で報告されました。
2020年12月21日、患者の頭にかゆみがありました。
患者は、2020年12月22日に脳卒中、転倒、下肢の痛みを感じたように感じました。
これらはすべて、障害の重症度基準で報告されました。
患者は診療所に電話し、電話で医師と話し、塩酸ジフェンヒドラミン(ベネドリル)を使用するように言われました。
これ以上の詳細は提供されていません。
患者は10日間帰宅し、職場に送り返されました。
患者は、2020年12月にCOVID:陰性を含む臨床検査と手順を受けました。
イベントの結果は回復しませんでした。
報告されたものは、疑わしい製品であるBNT162B2に関連するイベントを評価しました。
送信者のコメント:報告されたイベントの脚の引きずり、脚の痛みと転倒、および脳卒中の疑いは、時間的関係のため、bnt162b2(PFIZER-BIONTECH COVID-19 VACCINE)の初回投与の使用に関連している可能性があります。
しかし、脳卒中は診断されませんでした。
追加情報が利用可能になった場合、ケースは再評価されます。
ファイザー製品のベネフィット/リスクプロファイルに対するこのレポートの影響は、有害事象の集計データのレビューと分析を含む、安全性評価のためのファイザー手順の一部として評価されます。
このレビューの一部として特定された安全上の懸念、およびそれに対応する適切な措置は、必要に応じて、規制当局、倫理委員会、および調査員に迅速に通知されます。