有害事象報告詳細

VAERS ID 911462
性別 女性
年齢 62歳
州コード OK
製薬会社 ファイザー
ロット番号 EK5730
ワクチン摂取回数 1
接種日 2020-12-18
発生日 2020-12-18
状態 重篤
症状
  • 四肢の痛み(Pain in extremity)
  • 呼吸困難(Dyspnoea)

罹患中の病気

持病

病歴/併発疾患:アレルギー; 喘息; 血中コレステロール異常; 血圧が高い; 糖尿病; 術後の痛み; 逆流性胃炎; 酒さ様皮膚炎; 坐骨神経痛; 帯状疱疹; 副鼻腔のうっ血; 腫れ

その他医療

; HCTZ; ; ; ; ; ; ; ZYRTEC [セチリジン塩酸塩]; ; ビタミン[アスコルビン酸;エルゴカルシフェロール;ニコチンアミド;レチノール;リボフラビン;チアミン塩酸塩];

以前のワクチン摂取

アレルギー

臨床検査

症状詳細

彼女は優れていますが、それでも良くありません。
呼吸できないこと。
右腕の痛み; これは、連絡可能な看護師(患者自身)からの自発的な報告です。
62歳の女性患者は、免疫化のために2020年12月18日に筋肉内にbnt162b2(BNT162B2、ロットEK5730)を単回投与されました。
病歴には、喘息(2020年1月に入院し、それ以来問題はなく、喘息を参照)糖尿病、高血圧、腫れ、坐骨神経痛、血中コレステロール異常、酒さ、逆流、アレルギー、副鼻腔うっ血、帯状疱疹、手根管開放術が含まれていました。
トンネル手術。
併用薬には、リシノプリル、ヒドロクロロチアジド、ガバペンチン、ロスバスタチン、メトホルミン、グリピジド、ドキシサイクリン、スクラルファート、塩酸セチリジン(ZYRTEC)、プソイドエフェドリン、アスコルビン酸、エルゴカルシフェロール、ニコチンアミド、レチノール、リボフラビン、チアミン塩酸塩(ビタミン)とトラマドール。
患者は、2020年12月22日に呼吸ができなくなった(深刻さの基準-生命を脅かす)と報告しました。
彼女は今朝目が覚め、呼吸ができず、呼吸ができない理由はありませんでした。
彼女は、COVIDワクチンに反応したのではないかと考えました。
それが彼女が今朝呼吸できなくなった原因かもしれないと彼女が考えることができた唯一のことでした。
呼吸ができない治療法として、彼女はネブライザーにブデソニドとレボサルブタモールを使用しました。
彼女は2020年12月18日に右腕を痛めました。
彼女は自分ができることはすべてやったと知らせ、彼女は良くなったがまだ良くなかった。
彼女は、保護することがより重要であると考えたため、COVIDワクチンの2回目の接種を計画しました。
彼女は、ワクチンが右腕の痛みと呼吸ができないという出来事に関連しているのではないかと疑っていました。
呼吸ができなくなったという出来事の結果は回復していました。
右腕の痛みは2020年12月の不明な日に回復しました。
彼女はより良いですが、それでも良くないのは不明でした。
送信者のコメント:アナフィラキシーを含む重度のアレルギー反応が既知の危険因子です。
もっともらしい時間的関係と疑わしい製品の既知の有害事象プロファイルを考慮すると、BNT162B2の投与と呼吸不能の発症との間の考えられる因果関係を排除することはできません。
ファイザー製品のベネフィット/リスクプロファイルに対するこのレポートの影響は、有害事象の集計データのレビューと分析を含む、安全性評価のためのファイザー手順の一部として評価されます。