有害事象報告詳細

VAERS ID 908869
性別 男性
年齢 73歳
州コード OK
製薬会社 ファイザー
ロット番号 EH9899
ワクチン摂取回数 1
接種日 2020-12-18
発生日 2020-12-19
状態 入院 重篤 回復
症状
  • 国際正規化比率通常(International normalised ratio normal)
  • 代謝機能テスト正常(Metabolic function test normal)
  • 通常のプロトロンビン時間(Prothrombin time normal)
  • 血中クレアチニン増加(Blood creatinine increased)
  • 点状出血(Petechiae)
  • 挫傷(Contusion)
  • 血小板数が減少しました(Platelet count decreased)
  • 血中ビリルビン増加(Blood bilirubin increased)
  • 血小板輸血(Platelet transfusion)
  • 免疫グロブリン療法(Immunoglobulin therapy)

罹患中の病気

漠然とした症状(食欲不振、倦怠感)2020年11月29日-2020年12月6日; 2020年11月25日に従業員保健部門で高用量インフルエンザワクチン接種を受けました。2020年11月29日、患者は全身倦怠感、食欲不振、および時折の悪寒を発症し始めました。2020年12月4日に緊急医療に提示され、過去5日間同じ症状が報告され、10〜12ポンドの体重減少と倦怠感の悪化が見られました。ファイザーラピッドPCRCOVIDテスト陰性。患者の症状は改善し、COVID19ワクチン接種の1日後の2020年12月19日まで日常生活動作に戻りました。

持病

HTN、II型糖尿病

その他医療

以下の追加情報に表示される包括的なリスト。アスコルビン酸毎日、アトルバスタチン40mg毎日、コレカルシフェロール毎日、ドキュセート100mg毎日、レボチロキシン100mcg毎日、ロサルタン100mg毎日、亜鉛50mg毎日

以前のワクチン摂取

アレルギー

NKDA

臨床検査

2020年12月21日CBC:1,000の血小板

症状詳細

2020年12月18日:COVID19ワクチンを受け取りました。
2020年12月19日:患者は腕、脚、顔に点状出血/あざができたことに気づきました。
次の48時間で悪化しました。
2020年12月21日:患者は検査室で採血されました(CMP、PT / INR、CBC)。
2020年12月22日:ラボの結果。
CMPおよびPT / INR WNL(例外:SCr 1.
24、TBil 1.
7); 血小板数が1,000のCBCにより、患者は病院に入院します。
入院時に、彼は80mgのプレドニゾン、40gのIV Ig、および1単位の血小板を受け取りました。
2020年12月23日:入院を継続。
患者の血小板は20,000に改善し、さらに35gのIVIgを投与されました。
2020年12月24日:38,000の血小板で退院した患者。