有害事象報告詳細

VAERS ID 907101
性別 女性
年齢 41歳
州コード ME
製薬会社 ファイザー
ロット番号 EL1284
ワクチン摂取回数 1
接種日 2020-12-22
発生日 2020-12-22
状態 入院 重篤 回復
症状
  • 多汗症(Hyperhidrosis)
  • 吐き気(Nausea)
  • 動悸(Palpitations)
  • 咳(Cough)
  • 胸部X線(Chest X-ray)
  • 音声障害(Speech disorder)

罹患中の病気

2週間前は少し天気が悪かった。現在の喘息の悪化はありませんが、非常に不安定な喘息があります

持病

複数のコントローラーのCPAP好酸球性喘息の睡眠時無呼吸は環境アレルギー肥満を治療します

その他医療

SIngulair、advair、Duonebs、dupixent、albuterol、zyrtec、chlorpheniramine; ウェルブトリン、セルトラリン;

以前のワクチン摂取

アレルギー

NSAIDSへのアナフィラキシーhx; 環境アレルギーのhs、およびラテックスへの反応

臨床検査

12/22 / 20-CXR注文-結果は現在利用できません

症状詳細

患者は注射後10分でわずかに吐き気を催し、その後わずかな発汗を起こしました。
BP 160/81; 午後5時45分に83、次に午後5時52分にHR82で158/87。
彼女の肺は澄んでいて、彼女は全文で話していて、胸部圧迫感、彼女の通常の喘息増悪感を否定していました。
6:05にHR79で164/83であり、患者は乾いた咳を発症した。
私たちは彼女をもう少し待たせて咳を悪化させることに決めたので、6:25に、さらなる評価のために患者をERで診察することにし、車椅子でERに向かう途中で、乾いた咳が持続し、けいれん性で患者になりました話すことができませんでした。
Epi-Penは大腿部の右中央に注射され、患者はED緊急評価に移送されました。
彼女は、動悸がすぐに起こり、呼吸がわずかに改善したことで、4語の文章で話すことができたと述べました。
EDに到着すると、患者にはデュオネブ、アルブテロールネブ、IVベネドリル、IVソルメドロールが投与されました。
CXRが取得され、結果は保留中です。
患者は、呼吸の継続的なモニタリングと評価のために観察に送られました。
ERで午後6時30分に彼女は