有害事象報告詳細

VAERS ID 905937
性別 女性
年齢 53歳
州コード MO
製薬会社 モデルナ/武田
ロット番号 001J20A
ワクチン摂取回数 1
接種日 2020-12-21
発生日 2020-12-21
状態
症状
  • 頭痛(Headache)
  • 発疹(Rash)
  • 咳(Cough)
  • 喉の炎症(Throat irritation)
  • 鼻漏(Rhinorrhoea)
  • 喘鳴(Stridor)
  • 呼吸音が異常に聞こえる(Breath sounds abnormal)

罹患中の病気

持病

その他医療

アムロジピン5MGデイリーアルブテロール吸入器2PUFFS Q6HPRNSOAカルベジロールCR80MGデイリージルチアゼムSR240MG入札HCTZ12.5MGデイリーレボチロキシン175MCGデイリー月-金曜日レボチロキシン200MCGデイリーサット

以前のワクチン摂取

アレルギー

アスピリン-ボディラッシュコデイン-アナフィラキシーセファレキシン-水疱を伴う発疹メペリジン-水疱を伴う発疹マクロライドおよびキノロンを除くすべての抗生物質-水疱を伴う発疹ミントラベンダーオレガノビーバームキャットニップヒソップレモンバームMOVI-PREP

臨床検査

症状詳細

既知のH / O重度のアレルギー反応を伴うPT-注射後約15分、咳をし、喉のかゆみを経験します。
彼女は、これが他のアレルギー反応で起こったことであると報告しました。
彼女は経口ジフェンヒドラミンを要求したが、症状は急速に悪化した-エピネフリンを投与するために決定がなされた。
彼女は1402年に0.
3MGエピネフィンIMの用量を与えられました。
PTはすぐに気分が良くなりました。
彼女は経口ベネドリル100MGを与えられました(彼女の要求ごとに-彼女はこれが彼女がアレルギー反応を起こすたびにどれだけかかるかを言います)。
1410で与えられた用量。
彼女は彼女の症状の完全な解決をしました。
彼女は観察のためにクリニックに入れられました。
1430年、PTは再び症状を経験し、咳をして喉がかゆくなりました。
彼女はすぐにEDに連れて行かれました。
彼女は咳、鼻水、発疹は、胸部、背中、または顔にのみ存在しません。
IVは彼女の左ACに超音波によって配置されました。
AT 1438、EPI 0.
3 MG IM GIVEN 1440-FAMOTIDINE 20 MG IV GIVEN 1441-METHYLPREDNISOLONE 125 MG IV GIVEN 1442-FAMOTIDINE 20 MG IV GIVEN 1443-DIPHENHYDRAMINE 50 MG IV 1444-VITALS-136 / 94、HR-92、OXYGEN RA 1445で96%-PT C / O HEADACHE、まだ咳、ラッシュパーシスト1450-IPRATROPIUM / ALBUTEROL + RACEMIC EPI GIVEN 1453-それでも継続的なドライカウ、ラッシュベター1455-呼吸治療が完了-咳がはるかに良い1457重量-87.
7KG、97.
4 TEMP、HR-77、OXYGEN SAT 96%1504-PTは、RA 1610で、はるかに良い、咳、発疹なし、LUNGS CTA BIL、NSR-HR-75、127 / 89、96%を感じていると報告しています- PTは順調に進んでいます-排出される計画-EPIPENおよびPREDNISONE50 MG DAILY X 3 1616のRXを使用-症状が再発しました、