有害事象報告詳細

VAERS ID 904029
性別 女性
年齢 35歳
州コード MS
製薬会社 ファイザー
ロット番号 EK5730
ワクチン摂取回数 1
接種日 2020-12-18
発生日 2020-12-18
状態 重篤
症状
  • めまい(Dizziness)
  • 知覚異常(Paraesthesia)
  • 胸部の不快感(Chest discomfort)
  • 呼吸困難(Dyspnoea)
  • 発疹(Rash)
  • かゆみ(Pruritus)
  • 機動性低下(Mobility decreased)
  • 蕁麻疹(Urticaria)
  • SARS-CoV-2テスト(SARS-CoV-2 test)
  • 失神(Syncope)
  • 筋肉のけいれん(Muscle spasms)
  • 筋力低下(Muscular weakness)
  • 皮膚の変色(Skin discolouration)
  • 完全な血球数(Full blood count)
  • 代謝機能テスト(Metabolic function test)
  • チアノーゼ(Cyanosis)
  • 網状皮斑(Livedo reticularis)
  • 爪床障害(Nail bed disorder)
  • 妊娠検査(Pregnancy test)
  • SARS-CoV-2抗体検査(SARS-CoV-2 antibody test)
  • 体重負荷の難しさ(Weight bearing difficulty)

罹患中の病気

なし

持病

片頭痛

その他医療

トピラマート50mg /日、セレクサ10mg /日、イミトレックス100mg PRN

以前のワクチン摂取

アレルギー

PCN-未知の反応は、常に言われたばかりでしたが、アナフィラキシーの病歴はなく、セファロスポリンに耐えることができました。

臨床検査

Cbc、cmp、迅速なCOVId PCR、Covid抗体、妊娠検査

症状詳細

ワクチンを接種してから15分後にかゆみが始まり、すぐに顔、首、胸、腹部に発疹/じんましんができました。
ワクチン接種後20分で、立ちくらみ、胸部圧迫感、およびSOBを伴う重度の脚の衰弱が発生しました。
22分後に床に倒れ、脚の衰弱のために体重に耐えることができず、ひどいけいれんと脚のうずきがありましたが、それでも足を動かすことができませんでした。
従業員の健康状態からERに急行され、ワクチン投与の約30分後に到着しました。
その時点で、極性の爪床を備えた腕と手にかなりのまだらがありました。
バイタルサインは安定しており、ストライダーはありませんでした。
Solumedrol、Benadryl、およびPepcidSTATが与えられます。
発疹/じんましんとSOBは改善しましたが、脚の脱力感/うずき、けいれんは改善せず、チアノーゼの爪床と出入りする手/腕へのまだら模様のある紫色の足に気づきました。
発疹/じんましんは、顔、首、胸の上部に2頭の馬のポストの薬がはるかに悪化して再び現れました。
ソルメドロールとベネドリルの別のシリーズが与えられ、病院に入院しました。
私は現在、ワクチン接種後19時間で、改善されたが持続的な脚の脱力感があり、独立して自分の体重に耐え、数歩歩くことができますが、それでも脚のけいれんと断続的な足のうずきがあります。
まだら/チアノーゼが解消され、色が改善されました。
予定されているベネドリル、ソルメドロール、ペプシドでじんましんが再発し続けています。
まだら/チアノーゼが解消され、色が改善されました。
予定されているベネドリル、ソルメドロール、ペプシドでじんましんが再発し続けています。
まだら/チアノーゼが解消され、色が改善されました。
予定されているベネドリル、ソルメドロール、ペプシドでじんましんが再発し続けています。