有害事象報告詳細

VAERS ID 903400
性別 女性
年齢 55歳
州コード NY
製薬会社 ファイザー
ロット番号 EK5730
ワクチン摂取回数 1
接種日 2020-12-17
発生日 2020-12-17
状態 入院 重篤
症状
  • 暑い(Feeling hot)
  • フラッシング(Flushing)
  • 呼吸困難(Dyspnoea)
  • 集中治療(Intensive care)
  • 喘鳴(Wheezing)
  • 蕁麻疹(Urticaria)
  • ジスキネジア(Dyskinesia)
  • 呼吸停止(Respiratory arrest)

罹患中の病気

なし

持病

重度のアレルギー

その他医療

アトルバスタチン20mgを1日1回

以前のワクチン摂取

狂犬病ワクチン

アレルギー

魚介類狂犬病ワクチン

臨床検査

NA

症状詳細

ファイザーコビッド-19ワクチン投与の5分後、患者は紅潮、じんましんを発症し、暖かく感じ、最終的に息切れを起こしました。
彼女は喘鳴を始め、ER c / oに巻き込まれました。
「喉を押さえている間は呼吸ができず、顔の紅潮が見られます。
PTはベネドリルを2回撮り、エピショットを数回受けました。
その後、ERから退院し、その日のうちに退院しました。
、再び息切れを感じ始めました。
今日のEDでは、喘鳴はなく、正常な飽和状態と正常な血圧でした。
彼女は、EpiPenIMとジフェンヒドラミン50mgを経口投与しました。
その後、彼女はさらなる観察のために病院に入院しました。
床にいる間、彼女は再び息切れを感じ始め(2020年12月18日の午前9時頃)、RRTが必要でした。
患者は、ジフェンヒドラミンIV、メチルプレドニゾロン125 mg IVの別の用量、およびIMエピネフリンの数回の用量を受けました。
彼女はまた酸素を必要とした。
その後、彼女はさらなるケアのためにICUに移送されました。