有害事象報告詳細

VAERS ID 903132
性別 女性
年齢 40歳
州コード AK
製薬会社 ファイザー
ロット番号 EK5730
ワクチン摂取回数 1
接種日 2020-12-17
発生日 2020-12-17
状態 重篤
症状
  • 喉の圧迫感(Throat tightness)
  • 車椅子利用者(Wheelchair user)

罹患中の病気

なし

持病

高血圧h / o LTBI(治療済み)

その他医療

アムロジピン2.5mg /日ヒドロクロロチアジド37.5mg /日ロサルタン50mgbidメトプロロール50mg /日アルブテロール吸入器必要に応じて

以前のワクチン摂取

卵を含むインフルエンザワクチン

アレルギー

鶏肉、反応喉の圧迫感チョコレート、喉の圧迫感卵、喉の圧迫感甲殻類、発疹、喉の圧迫感

臨床検査

症状詳細

40歳の女性が本日ファイザー-バイオエヌテックCOVID-19ワクチンを接種しました患者は、卵防腐剤を含むインフルエンザワクチンに対する以前の重度のアレルギー反応を報告しました。
彼女は問題のない卵のないインフルエンザワクチンを受けました。
彼女の以前の重度のアレルギー反応/別のワクチン、この場合は卵を使ったインフルエンザワクチンに対するアナフィラキシーの病歴があるため、注意して進める必要があります。
彼女は、より多くの情報が利用可能になるまでワクチン接種を延期できると言われました。
彼女はファイザー-BioNTechCOVID-19ワクチンの接種を続行し、30分間の観察期間をとることを選択しました。
患者はワクチン接種の約20分後に喉の引き締めを発症しました。
彼女は症状から1分以内にエピペンを受け取り、看護スタッフによって車椅子ですぐにERに送られました。
患者はEDで評価され、血行動態的に安定していた。