有害事象報告詳細

VAERS ID 1227922
性別 女性
年齢
州コード PA
製薬会社 Johnson & Johnson
ロット番号
ワクチン接種回数
接種日
発生日
状態 死亡
症状
  • 妊娠中の暴露(Exposure during pregnancy)
  • 血栓症(Thrombosis)
  • 骨格損傷(Skeletal injury)

罹患中の病気

持病

コメント:Gravida / Para:1/1。患者は産後4週間でした。

その他医療

以前のワクチン接種

アレルギー

臨床検査

症状詳細

血餅; 尾骨の骨; 妊娠中のワクチン曝露; この自然妊娠の報告は、薬剤師から会社の代表者を介して受け取られ、約40歳の女性に関するものでした。
患者の身長、体重、病歴は報告されていません。
患者はCovid-19ワクチンAd26.
COV2.
S(注射用懸濁液、投与経路は報告されていない、バッチ番号:不明)を投与され、予防接種のために2021年に投与されたワクチン接種部位は報告されていません。
併用薬は報告されていません。
2021年に、患者は妊娠中にワクチン曝露を経験しました。
患者の最後の月経の日付と配達予定日は提供されませんでした。
2021年、患者は分娩中に尾骨の骨折を経験し、出産しました(出産)。
2021年の不特定の日付。
患者は血栓を経験して死亡した。
彼女は産後4週間であったため、血栓のリスクが高いことが指摘されました(妊娠1、パラ1)。
Covid-19ワクチンAd26.
COV2.
Sで取られた措置は適用されませんでした。
患者は2021年に血栓で死亡し、尾骨を骨折しました。
妊娠中のワクチン曝露の結果は報告されていません。
剖検が行われたかどうかは特定されていません。
この報告は深刻でした(死)。
このケースは、同じレポーターから20210430297にリンクされています。
送信者のコメント:V0:この症例は、ヤンセンCOVID-19ワクチンが症候性SARS-CoV-2ウイルス感染の予防のために筋肉内投与された後、妊娠中に血栓症、骨格損傷、および曝露を発症した40歳前後の妊婦被験者に関するものです。

対象の過去の内側の歴史、最後の月経期間、配達予定日と併用薬は提供されていません。
記者(薬剤師)によると、患者は産後4週間であったため、血栓のリスクが高かった。
患者は分娩中に尾骨を骨折し、出産し、後に血栓で死亡した。
追加情報は提供されませんでした。
剖検が行われたかどうかは不明です。
妊娠、労働および骨格損傷(外傷)の代替の説明および危険因子を考えると、免疫化後の有害事象のWHO因果関係分類によれば、血栓症の事象は免疫化との因果関係と矛盾すると見なされます。
骨格損傷のイベントは事故の結果であり、したがって関連があるとは見なされませんでした。
血栓症のイベントに対する会社の因果関係は、ヤンセンCOVID-19ワクチンとは関係がないと見なされます(レベル4-ブライトンコラボレーションの症例定義によると、静脈血栓症の可能性のある、可能性のある、または決定的な症例を確認するために利用できる情報が不十分です)。
報告された死亡原因:血栓; 尾骨の骨