有害事象報告詳細

VAERS ID 1145728
性別 女性
年齢
州コード FL
製薬会社 Johnson & Johnson
ロット番号
ワクチン接種回数
接種日 2021-03-11
発生日 2021-03-11
状態 回復
症状
  • 発熱(Pyrexia)
  • 頭痛(Headache)
  • 身震い(Tremor)
  • 寒気(Chills)
  • 吐き気(Nausea)
  • 嘔吐(Vomiting)
  • 注射部位の痛み(Injection site pain)
  • 低血圧(Hypotension)
  • 失神(Syncope)

罹患中の病気

持病

わからない

その他医療

以前のワクチン接種

アレルギー

臨床検査

症状詳細

失神(失神、失神)低血圧(低血圧、低血圧)嘔吐(嘔吐、嘔吐)震え(震え、震え)寒気(寒気、寒気)頭痛(頭痛、頭痛)発熱(発熱、発熱)悪心(吐き気、吐き気)注射部位の痛み(注射部位の痛み、注射部位の痛み)消費者から受け取ったこの自発的な報告は、年齢不明の女性に関するものでした。
患者の体重、身長、病歴は報告されていません。
患者はcovid-19ワクチンad26.
cov2.
s(注射のための懸濁液、投与経路は報告されていない、バッチ番号:不明)の投与量は報告されておらず、予防接種のために2021年3月11日に投与されました。
バッチ番号は報告されておらず、要求されています。
併用薬は報告されていません。
2021年3月11日、被験者は失神を経験しました。
2021年3月11日、患者は注射部位で低血圧と痛みを経験しました。
2021年3月12日、患者は嘔吐、震え、悪寒、頭痛、発熱、吐き気を経験しました。
ワクチンの低血圧と失神を受けた後、患者は数分以内に悪い反応を示したと報告されました。
その後、患者は担架に運ばれ、現場でバイタルを監視し、45分後に彼女は車で家に帰りました。
患者は昨夜大丈夫だと感じた。
この報告の時点で、患者は震え、悪寒、発熱、吐き気、嘔吐、頭痛、注射部位の痛みがありました。
covid-19ワクチンad26.
cov2.
sで取られた措置は適用されませんでした。
患者は失神から回復し、MAR-2021の低血圧は、震え、悪寒、吐き気、嘔吐から回復し、頭痛、注射部位の痛みから回復していませんでした。
発熱の結果は報告されていません。
記者は、covid-19ワクチンad26.
cov2.
sと失神、低血圧、不安定、悪寒、発熱、悪心、嘔吐、頭痛、注射部位の痛みとの因果関係を関連していると考えました。
covid-19ワクチンad26.
cov2.
sと失神、低血圧、不安定、悪寒、発熱、吐き気、嘔吐、頭痛、注射部位の痛みとの間の会社の因果関係が考えられました。
この報告は深刻でした(その他の医学的に重要な状態)。